【オーバーウォッチ】感想と評価 500時間以上遊んでたので書いてみた

Overwatch

こんにちは、アキトです。

このゲームを発売当初からプレイしているけど一向に飽きる気配がないです。

発売日が2016/5/24だからもう3年近く遊んでることになるんだけど、こんなに長く続けられたゲームは記憶にないし、いまだにどうしたら勝てるのかよく分かんないゲーム。

でもすごい面白いからもっと大会とか増えて盛り上がってほしいんだけど、いまいち盛り上がってないし人口も減ってきてる感じがするんだよね。

なので今更だけど感想を書きます。少しでも新規の人や復帰してくれる人が増えてくれたらいいな。

面白いところ

チームゲーを感じる

このゲームは6対6でチームに分かれて戦うから仲間との協力が重要で、個人がうまいことよりもチームプレイが得意な人のほうが勝てるようになっています。

味方と狙いやウルト(必殺技)が一致すると敵が一瞬で溶けていく。

敵を一瞬で蹂躙できるのがやっていて気持ちいいし、チームゲーの面白さを感じられる。とにかく一回やってみてほしい!

エイムが苦手でも活躍できる

このゲームはタンク、ダメージ、サポートの3つに役割が分かれています。

タンクは味方の前に出て前線を構築する役割。

ダメージはダメージをだして敵を倒していく役割。

サポートは味方への支援をする役割。

この3つのうちダメージはエイムが必要だけど、タンクとサポートはエイムを必要としてないキャラがいます。なのでエイムが自信ない人も活躍できます。

マルチプレイだけど意外と敷居が低い

マルチプレイだから覚えることも多くて、もう3年も経ってるから初心者お断りだろって思うかもしれないけどそうでもないです。

1つのキャラに対してアビリティが多くても5つぐらいなので、30分もやればキャラクターを理解できます。

ゲームモードとマップも少ないので覚えることは少ないです。

初心者でも入りやすいゲームだと思います。

最初の敷居は低いけど奥が深いそんなゲームだと思います。

まとめ

つまんないところも書こうと思ったんだけど正直なかった。でも、あえて書くとしたら味方が通信障害で抜けたりすると5対6になって何にもできずに負けちゃうことかな。

いい意味でも悪い意味でも味方依存の強いゲームだから1人抜けたりすると勝てる可能性はほぼ無いんだよね。

たまにあえて何もしないで放置している人とかもいるんだけど、そういう人って何がしたいのかね。

今回はかなりざっくり書いたけど、これからもっと細かく掘り下げていこうと思っています。

観戦するだけでも面白いゲームだと思うのでこれからどんどんオーバーウォッチの魅力を発信していきたいと思います。